忍者ブログ
慌しく過ぎていく人々の傍らで君は
救いの手を差し伸べてくれる人を待っていることを
僕はずっと知っていた

幾つもの時が流れ、変わりゆく姿にじっと耐えながら
誰がが来てくれるのを待っていることを
僕はずっと知っていた

身に染み込む冷たい雫
それでもじっと耐え続けた君を待っていたものは
ただ死を待つ、奈落の底

助けられなくてごめんなさい
救えなくてごめんなさい
手を伸ばすのは遅すぎて、君が居なくなった地を眺め続けた

----------------------------

偉くシリアスな始まりなのですが、ワケを話すとですね。
試作として作られたデザートが長い間放置された挙句処分されて勿体ねぇ!!!って話です。
普通に頼んだら500円以上するのに手をつけずにぽいですよぽい!!!
これだからレストランは困るんだよこんにゃろ!! 勿体ないんだよにゃろう!!
上に乗ってるアイスクリームがどろどろに溶けた挙句、パンケーキに染み込んでいく姿は無残でしたね。
その後ポイ!とかないわホンマ!!!
お腹すいてるときなら「食べまーす♪」って言うのですが、残念ながら今日は体調悪くて、眺めているだけしか出来ませんでしたー。ああああああー勿体無い!!!!
そんな感じの思いをこめた詩(ふざけている)

+企画メール 受信+
Belovedさま(スタッフメール受け取らせていただきました。ありがとうございますー!)
君祝さま(二話公開おめでとうございます! 後ほど拝聴させていただきますねっ)

+私信メール 受信+
ケイさん(お早いお返事ありがとうございますー!! 素敵イラスト永久保存ですよ!)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
616  615  614  613  612  611  610  609  608  607  606 
忍者ブログ [PR]