忍者ブログ

+moon symphony+

「お月さま交響曲」へっぽこ管理人大宮の日常を綴ったブログです。

2018.01│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

MUSECAにて「Refrain」配信開始です

 

ご無沙汰しておりました。
相変わらず半年に一回くらいしかブログ更新してなくてすみません……!

タイトルの件ですが、12月8日より、KONAMI様の音楽ゲーム「MUSECA」にてお月さま交響曲の「Refrain」という楽曲が配信となっております。
今日のブログは、そんな「Refrain」の制作のお話とかをちょこっと書かせていただければなと思っております。

以前にも記載したのですが、この楽曲は、お月さま交響曲で過去に制作いたしました「邂逅リフレイン」という作品と同一の世界観となっております。
(気になる方はCDの方は完売してしまったので、宜しければDL版とかで聞いてみていただけると嬉しい……><)
制作スタッフはメインボーカルに、谷口架音さん、ming-ziさん。
コーラスに、上園千紗さん、ケィニさん、小鳥遊めぐみさん、西風Sさん。
編作曲を342さん、エレキギターをかそかそさん、そしてジャケットイラストをmicheleさんに担当していただき、総勢10名のアーティストの集まった楽曲になりました。数の暴力……。
制作するに当たってのやりとりなどは、普段やってることと変わらなかったので(笑)別段苦になることはなかったのですが、採用の連絡を貰ってから、書類関係のやりとりが大変でした(笑)ポストに恐ろしく分厚い書類が入ってた……。

元々このRefrainのジャケット衣装は、邂逅リフレインの時にキャラデザとして出していただいた衣装案をKONAMIさんも所へ嫁ぐ(笑)ためにアレンジしたものになります。
髪に付いているユリの花は、最初の衣装案では違っていたのですが「祝福」という花言葉から、micheleさんが今回のジャケット用に足してくださいました(その他、色んなところが違っているので、もしも追憶フラグメントをお持ちの方がいらっしゃったら、そちらに当初のデザインが乗っているので見比べていただきたいです)

楽曲の時系列としては、邂逅リフレインのTrack01「贖罪レゾンデートル」の並行世界……みたいな感じで考えています。
その為、CDと比べて刻印が無かったり、黙示録のデザインが違っていたりします(彼も居ませんしね……)
 
ツイッター等のお声を拝見していると、かなり難しい譜面のようなのですが、ゲームセンターで見かけましたら触ってみていただけますと幸いです。
342さん曰く、SDVXに提供したApocryphaの方が高難易度想定してたそうなのですが(私もそう思う)お、おかしいな……?
あとこの曲に関していえば、確か342さんと最後のコーラス部分の構成で頭悩ませた記憶があります。3パターンくらいいただいて、どれが一番キマるかなー?みたいな。
それも凄くかっこよかったです。

そんなお世話になっているMUSECAも、先日2周年を迎えたそうで、こっそり私もお祝い絵を描かせていただいたのですが、隣にいる予定だったイリルちゃんはラフで力尽きました。
いつか描ければいいなぁ。勿論他のお気に入りのグラフィカ達も。
PR

SOUND VOLTEX IVにて楽曲配信されました

大変ご無沙汰しております。
前回のブログを書いたのが……1月……という現実に絶望を隠しきれません。
毎日暑いですが、夏バテや夏風邪などで体調崩されていませんか?
私は絶賛楽しい修羅場ライフを満喫中です。

さてさてタイトルの件なのですが……!
前々回の記事で、KONAMIさんの「MUSECA」という音楽ゲームに採用されましたというお知らせをしたのですが、何と今回、同じくKONAMIさんのアーケードゲーム、「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN」で楽曲が1曲配信されます。
8月25日、本日より配信開始ですので、もしかするともう遊んでくださった方もいらっしゃるでしょうか?

楽曲名はギリシャ語で"隠されたもの"を語源とする「Apocrypha」
HEAVENLY HAVENの明るくキラキラとした世界感の裏側……みたいなものをイメージしています。
作編曲に342さん、ボーカルに上園千紗さん、ケィニさん、小鳥遊めぐみさん、西風Sさん、そして作詞が私と、総勢6名で制作いたしました。
ジャケットはハルトちゃん(水着Ver.)可愛い。やったぜ。

この曲はKAC合わせの公募で出させていただいたもので、チャンピオンを決める楽曲……となると、やはりある程度の難易度を想定しないといけなくて、色々悩んだ結果、日本語歌詞を封印しました。
お蔭様で作詞にめちゃくちゃ悩んだのですが、342さんと素敵なボーカルさんのお力でとってもかっこいい曲に仕上がったんじゃないかなと思います。
お気に入りは試聴でも流れる(はず)の「Iuratio, Praedicatio, Astrologia」のこの「Astrologia」の部分……ですッ!(楽曲で言うと1:06~のあたりかな?)
アストロロギアのリズム最高なので、ぜひ聞いてみてください。

年末年始の作業だったこともあって、怒涛の制作期間だったのですが、思い返してみるとやっぱりみんなで一つの物を作ったり、目標に向かうのって楽しいですね。
全体的にとてもボルテらしい、かっこいい曲仕上がっているので、もしボルテを見かけましたらプレイしていただけると嬉しいです。
宜しくお願いします~!

あ、MUSECAのRefrainの方はまったりお待ちください(笑)

追憶フラグメント*ライナーノーツ

次回作の作詞がひと段落したので、去年の秋M3で頒布した「追憶フラグメント」の中に入っていた「断罪ロジック」と「Harmonia」のライナーノーツでも書いてみようかなと思っています。
特にネタバレ要素みたいなのは無いのですが、出来れば楽曲聴いてから読んでいただくのがいいかな~なんて思っています。
正直ライナーノーツというか、制作秘話というか…? 三部作の楽曲全て書いたので、せっかくなのでこちらも書いてみようかな~と思っただけなので、本当に大したことは書いてないです(笑)

【Track01.断罪ロジック】
今までの楽曲が全てボリュームたっぷりだったので、いきなりの2分楽曲に短い!一瞬すぎる!というお声を頂いたのですが、実はこれ、MUSECAのシュクコンというコンペに出していた楽曲です。
初めて企業さんへ向けて作った楽曲だったので、これでいいのかな? どうなのかな? 歌詞大丈夫かな? と不安だらけでした。
あと2分という制限の壁が非常に高かった。
みんなで一丸になって目標に挑めたことが何よりも嬉しく、そして何よりの報酬だったなと思います。いやー本当に楽しかった!! 年末年始の作業だったので、皆さんにたくさんご迷惑をお掛けしましたが、チーム断罪の方々には感謝しかないです。またこのメンバーで楽曲作りたいな!

曲の方は、まぁ何というか……なぜこのタイトルにした……って感じですね、ほんとね。
お蔭様で断罪ロジック(CDの方)とか断罪ロジック(曲の方)とか付けないといけなくなってる辺り、私の罪は重い……断罪。

この楽曲に関しては、丁度制作したのが断罪ロジック完成後~邂逅リフレイン制作前なので、邂逅の要素もちょこっと入れながら作詞致しました。
(断罪ロジックに入っている"過ちの輪廻は断ち切ってあげるわ"と、邂逅リフレインの水底に沈んだ巫女の"過ちの輪廻はここで終わり"とか、ちょこっと表現似通わせてみたりとか)

2分の楽曲ではカップ麺もできませんが……でも最近早くできるカップ麺もあるので……そのお供にでもしてください。私はやわらかめの麺が好きなので、3分のカップ麺で二回流せば丁度いいかな。流石に伸びちゃうかな。


【Track02.Harmonia】

三作品の最終楽曲ということもあり、新規のストーリー展開ではなく、総まとめとして書きました。
視点は邂逅リフレインで出てきた「黙示録の筆者」です。

頭サビ、1番2番のAメロ、最終サビは全て追憶フラグメント、
1番Bメロ、サビは断罪ロジック、
2番Bメロ、サビは星詠レコード、
Cメロで追憶フラグメントと邂逅リフレインの関連性をぼかして
その後のサビで邂逅リフレイン、と言う流れで作詞してみました。

342さんとの制作会議でCatharsisで三部作のTrack01を入れたので、Harmoniaは最終トラックの楽曲を組み込んでみたらどうかな?という話になり、こんな感じになりました。
ちょっといつものフルオーケストラとは違った楽曲になっています。

コーラス最後の"Acta est fabula."は幕閉じの意味として、星詠レコードの企画段階から絶対に一番最後の楽曲で使おうと考えていたものなので、ここで使えてよかったです。
三部作でやりたいな、使いたいなって思ってたことは全部できたかな! と思います。
ひとまず、星詠レコード、断罪ロジック、邂逅リフレインと続いた三部作はここでおしまい。
ですが、実はまだ幕閉じに必要となる【姿を消した彼の物語】を残しております。
見覚えのあるキャラクターを見かけたときには、またこのお話を思い出していただけると嬉しいです。
 
MUSECAで配信予定の「Refrain」の制作のお話は、配信日が決まった時にまた改めて書ければいいなと思っています。
 
「追憶フラグメント」は今後のイベント(M3、関西コミティア)でも引き続き引換券でのお渡し等続けて参りますので、秋に手に取れなかったよ、という方も宜しければ春M3以降、お手に取っていただけると嬉しいです。

あけおめ&お知らせ

今更感満載ですが、あけましておめでとうございます。
昨年の内に終わらせておきたかったことはたくさん持ちこしてしまいましたが、今年もお月さま交響曲はまったりと作りたいもの作っていければと思っております。

さてさて。
ツイッターではお知らせしたのですが、実はKONAMIさんの音楽ゲーム「MUSECA」にて楽曲を1曲採用していただいております。

 
ゲーム公式はこちら

「Refrain」という楽曲となります。
邂逅リフレインの世界観を使って、音楽ゲームとして楽しく遊べる曲を制作させていただきました。
製作スタッフはメインボーカル 谷口架音さん、ming-ziさん。
コーラス 上園千紗さん、ケィニさん、小鳥遊めぐみさん、西風Sさん。
作編曲 342さん、エレキギター かそかそさん、そしてジャケットイラストをmicheleさん、作詞大宮と、総勢10名の大所帯で制作致しました。

上記のページにて、342さんとmicheleさん、あと大宮のコメントも公開されています。
楽曲の試聴もサビのみですが可能ですので宜しければ…!

制作秘話(?)なんかは楽曲が配信されたときにでもゆっくりお話しできればなと思っております。
視聴では聞けませんが、邂逅リフレインを知っていると「おっ?」と思うあのメロディも組み込まれていますよ~!

という感じで…!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

M3お疲れ様でした!

気付けばもう10日以上経過してしまいましたが、M3お疲れ様でした。
いろんな方とお話出来て、大変幸せな一日でした。
追憶フラグメントの引換は特殊な形態を取ってしまったので、恐らく対応大変だろうなぁと思っていたのですが、細かい説明が必要な方は誰一人としていらっしゃらなくて、皆さんのご協力にただただ感謝するばかりです。途中お待ちいただいてしまったり…というのも相変わらずあったのですが、お蔭様でスムーズに対応できました。ご配慮いただきまして、誠にありがとうございました。

新作のAlice in Symphonic Night、追憶フラグメントの他、MOJAが最後だと聞いて~と作品全部ご購入していただいた方とか、旧作含め沢山お手に取って下さった方などなど、有難いなぁと思うことばかりでした。いろんな方に支えられて活動できること、本当に光栄に思います。
過去作品だし……と持ち込み数少なかったTranquilizeRとHalloween Townが早々になくなってしまって申し訳ない限りだったのですが、Halloween Townの方はまだ手元に在庫が御座いますので今後もちょこちょこイベントに持って行きます。
また今回で「Blanche」が完売となりました。ありがとうございました…!
「TranquilizeR」も在庫が2部のみとなっております。

「Alice in Symphonic Night」「追憶フラグメント」はBOOTH通販を開始しております。
M3来れなかったという方、手に取れなかったという方はご利用いただけますと幸いです。
https://moonsymphony.booth.pm/

「Alice in Symphonic Night」の方はあきばお~こくさんでも委託していただいております。

春M3からは「お月さま交響曲」として音楽側での参加となりますが、相変わらずゆったりペースで作品作っていければと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今回はミュージカル作品でしたが、春はまた歌物語CDの「造説ユーフォリア」という作品を予定しております。
"永遠の命"を持つ少年少女のお話です。
やりたいやりたいと言っていたプレスCD、そしてアルバムに手を出してみようかな~と考えています。キャストさん募集などまた年明け当たりこっそり始めることになると思いますので、興味が御座いましたら気に掛けていただけますと幸いです。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ついったー
宣伝
最新コメント
ブログ内検索