忍者ブログ
M3お疲れ様でした…おつ、かれさま…でした。
春M3からどんだけ経ってると思ってるんでしょうかね。全く。もうすぐ2か月ですよ。
割と早い段階でお礼のブログ書くぞと思ったのに、世の中ったら既に春M3よりも秋M3の話題じゃないですか。ちょっと意味わからないですよね。

春M3では、スタッフさん、キャストさんを始め、スペースに足を運んでくださりありがとうございました。たくさんの方とお話出来て、本当に幸せでした。
それでも「あーこの方いらっしゃってたのか!」とか「この方とお話出来なかったなぁ」というのが後からぼろぼろ出てきて悔しい面も多々ありますが!
それは秋のお楽しみに取っておきます!

そんな春M3の新作でした、星詠レコードについて今日はちょこっと。



通販もやってます(https://moonsymphony.booth.pm/
あとあきばお~こくさんにも委託販売中です。こちらは在庫残少になっていたので、お早めにどうぞ…!(ショップ委託は追加で納品の予定はありません)

今までボイスドラマは割と生死を扱った感じの、シリアス色の強いお話を作ることが多かったのですが、歌物は明るいミュージカルとか、こうみんなで歌って盛り上がろうぜ!みたいなのが多かったので、正直このスタイルの楽曲を受け入れてもらえるのかな…というのは最後まで不安要素でした。
あと正直、作詞が難産でした(笑)
今までの歌物スタイルだと、小学生でもわかるよ!みたいな簡単な単語を使って、可愛く!テンション高めに!みたいなのを考えつつ書いていたので、星詠レコードの雰囲気を壊さないように言葉を選ぶのが…もう…ボキャ貧やねん、察して。

星詠レコードに関しては、初めて歌い手さんの募集したりとか(キャスト兼任募集はあったんですけど、歌のみの募集は初めてで!)PV作ったりとか、デザイン関係全部自分でやったりとか(笑)慣れないことだらけでしたが、本当にスタッフさんに恵まれた企画だなと思います。
お蔭様で、私自身お気に入りの1枚になりました。
個人的にはずっとやりたかった神殿メインもできたし、多重コーラスも使えたし、銀髪オッドアイヒロインできたし、満足です。ふふふ。

出来るだけ主軸のお話は分かりやすくしましたが、細かい部分はあまり語らない形になっているので、その辺りは色々想像してもらえるとうれしいなと思います。

この今回の星詠レコードの舞台「エフティシア」のシエルとルークにまつわるお話は、一旦これで終了ですが、秋M3は同じ世界観での歌物語の制作を予定しております。
次回作は比較的バッドエンド寄りで、ゴシック・ダークです。またチャレンジャーな雰囲気に手を出しているなと自分でも思います。そして中二成分存分に出し切りたいです。
作品の雰囲気?時間軸?みたいなのはこそっと星詠レコードのブックレットに記載しておいたので割愛ですが!(持ってる人は見てみてくだされ…)
星詠レコードを知らない人にもひとつの物語として頼んでもらえる、でも知ってた方がもっと楽しめる、みたいなCDにできればいいなと思っております。
キャストさん、歌い手さん募集は7月中旬~を予定しておりますので、興味がある方はチェックしていただけると凄く嬉しいです。
最近よくキャスト募集の枠が少なすぎますってクレーム入りますが、次回作もキャストさん枠は少な目です…すみません><
でも歌い手さん募集枠は星詠同様結構多めなので!よ、よろしくお願いします!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
1215  1214  1213  1212  1211  1210  1209  1208  1207  1206  1205 
忍者ブログ [PR]